昨日の出来事です。

数日前、父・しげさんに杖を持って行きました
とても喜んでくれました。

マナーモードのスマホが着信でうなっています。電車で移動中だったのでスマホの画面を見ると「しげさん」です。
メッセージを録音中と表示されています。
「無言だろうな」と思いながら耳にあてます。
しげさんは電話がうまく使えないらしく、だいたい無言なんです。

しげさんの声です。

「ありがとう。すごく助かったよ。またあとで電話するね。」

でした。

うれしかったです♪ お礼の言葉もうれしい。留守電にメッセージを残せたことがうれしい。
引きこもりがちなしげさんが頑張って電話してくれたのもうれしい!
「またあとで電話するね」は、リップサービスだった模様で(笑)電話はありませんでした。
うれしくて、電車を降りてすぐに折り返したのですが…

もう出ね〜よ!

まったく。
スナネズミなみの早さで穴に入っちゃったみたいです。はえ〜
しげさんを見ていると不思議です。しっかりしているところもあり、ぼんやりしてしまったところもあり、たまに「ほんとはすごいしっかりしてんじゃないの?!」って思わせたりします。

杖を持って行った時に昔の話をたくさんしてくれました。
私が産まれる前の話です。
初めて聞いた話がたくさんありました。
意外と自分の親の人生って知らないことが多いんですね。…まだまだあるはずですが、そのパンドラの箱は開けないっ!

しげさんと母が一緒に映画を見に行ったときの話や、早稲田大学の政治経済学部に入ったけど中退した話。
永六輔さんが早稲田大学の先輩で一緒に仕事をしたことがあるという自慢ばなし。
昔のことほど鮮明に覚えているようでした。楽しそうに生き生きと話してくれます。

でも不思議なことに最近の記憶は曖昧なんですね。

昔の記憶は「大脳皮質」に保存される→長期記憶
新しい記憶は「海馬」で整理される→学習
と習った気がします。
認知症では海馬の萎縮が見られます。
だからなのかなぁ。

しげさんの話のあいだにはちょいちょい、じいさんお得意のアメリカンジョーク的なものが挟み込まれます。
そんなのを聴いていると「おっ! まだまだ大丈夫だな♪」って。
惑わされるわ〜。
しげさん本人もたぶん「惑わされっぱなし」ですね。

今日もいい天気です! 杖を付きつつ散歩にでも行ってくれるといいなぁ♪

スポンサーリンク