父・しげさんが病院からショートステイに移り、今日で5日目。
昨日は、鼠径ヘルニアの診察で病院に行きました。
姉が車で病院まで連れて行ってくれると言うのでお願いします。

しげさんと姉が会うのは久しぶりです。
しげさんが初めて迷子になって以来かも。

私は、スクーターで病院に向かい姉の車の到着を待ちます。
来た♪
しげさんがニコニコと笑顔で助手席から手を振っています。

嬉しそうだな!

降りてくると、姉が、「前より元気になっていてびっくりした! 良かったね〜♪ やっぱり話をする仲間がいると違うのかなぁ…。ずっと施設のお仲間の話をしてたよ」と。
「前にあった時は、死ぬんじゃないかと思う程ヨボヨボだったもんね」とも。

確かに、その後、診察を待つ間も、しげさんは色々と話してくれます。
「食事の時に、病院に行くと話したら、戻ってくるの? と、お仲間のおばあちゃんに聞かれたんだよ。僕はすぐにでも戻ってきたいと思っています! って答えたらパチパチと拍手をして喜んでくれたんだ〜♪ いやぁ、感動したよ〜」
などと。

診察に来ただけで、すぐ戻るけどな。

診察を終えて、ショートステイのお部屋に戻ると荷物がまとめられておりました。
不思議に思い、施設の方に
「入院の準備をしてくださったんですか?」
と尋ねます。
施設の方「うふふ♪ しげさんが自分で荷造りしてました。まとめなくても大丈夫と声をかけたのですが…」
みんなで笑いました♪

また、病院に戻るとでも思ったんだろうな。
だからロミオとジュリエットばりにロマンチックな「僕はすぐにでも戻ってきたいと思っています!」が出たんだな(笑)

姉は、「やっぱり女性がそばにいるとパパは元気が出るんだね♪」と。
ショートステイで話し相手がいること、父・しげさんにはとても良く作用したようです。

その後、しげさんのアパートに寄り、掃除をしました。
すると、お湯が出ません。
そして、ガス会社からの「料金が未納なので止めます」という内容のお知らせも発見。
日付は2月後半。
お風呂、入ってなかったんだ。

昨日、ショートステイでお風呂に入れてもらったと嬉しそうに話していたしげさん。
良かったな。気づかなくて、ごめんよ。

ショートステイ、様様〜♪

スポンサーリンク