父は携帯電話の操作が得意ではありません。
ものすごい早朝や夜中に着信があり、慌てて出ると無言だったり。
次の日あたりにやっと、つながって訊ねると
「あれ? テレビ見てたけど電話してないよ」
とか言います。
それから、こちらから電話すると概ね出ません。
8割は出ません。
くそっ! またか! 
と再度掛けなおすと
「タダイマウンテンチュウデス」

!!!
車も免許もねーだろーー!

諦めると、かかって来るんです。
「電話に出ようとしてボタン押すんだけど、うまくいかなくてねぇ。ゴメンね」
なんて言います。

そんな父から珍しく電話があり、
「色々とありがとね。これからお姉ちゃんにも電話するんだ♪」
と。
今日は元気そうです。
良かった。

しかし、このムラ…。
調子が悪いときの不明瞭さ。
あのモヤはどこから父の脳に流れ込んで来るのでしょう?
人の身体って不思議です。

スポンサーリンク