昨日の記事の終わりに書いた「認知症の血液検査」が気になりネットサーフィン。
そして見つけたのが下の読売新聞・ヨミドクターの記事。

昨日の記事で「髄液検査は保険適用していない」と書いてしまったのですが訂正です。
もうしわけない!

認知症 髄液検査により正確な診断

「自分は、もしかしたら認知症ではないか」仙台市青葉区の男性(79)は、4年ほど前からそう心配し始めた。日付や予定などを忘れることが頻繁にあったからだ。

2008年、東北大病院(同市)の物忘れ外来を受診した。問診や認知機能テスト、頭部画像による検査などを受けたが、すべて正常。「加齢に伴う物忘れ」と診断された。

それでも心配な男性は、2年後に再度受診した。主治医で老年科准教授の古川勝敏さんに、アルツハイマー型認知症かどうかを調べる脳脊髄液(髄液)の検査を提案された。

アルツハイマー型は認知症の中で最も多いタイプで、脳の神経細胞が急速に死滅する。その過程で、「リン酸化タウ」という異常なたんぱく質が脳内にたまり、一部が脳と脊髄の周囲を巡る髄液に流れ出す。 そのため、髄液中のリン酸化タウの量を調べて普通の人よりも3倍程度多ければ、アルツハイマー型認知症の疑いが強いと判断できる。 男性は検査に同意。腰に針を刺して髄液を採取する「腰椎穿刺せんし」を受け、髄液を分析機器にかけてリン酸化タウの量を調べた。その結果、量は普通の人と同程度で、アルツハイマー型認知症の疑いは低いことが分かった。頭部画像など他の検査も問題なかった。

この髄液検査は1997年頃から、東北大などが研究費を使って実施してきたが、今年4月から保険で検査を行えるようになった。費用は6800円で、患者負担はこの1~3割だ。
老年科教授の荒井啓行さんによると、リン酸化タウが一定量を超えれば、80%以上の確率で、すでにアルツハイマー型認知症を発症しているか、今後、発症の恐れがあるという。

全国的な検査体制が整っておらず、普及にはまだ時間がかかりそうだが、荒井さんは「頭部画像など従来の方法と併用することで、より早期で正確な診断につながる」と期待する。

腰椎穿刺で重大な障害が残る危険性は低い。ただ、脳内の髄液による圧力が変化し、強い頭痛を覚える人は比較的多い。大半はやがて治るが、長引く場合もある。検査を受ける際はこうした点も知っておきたい。 男性は検査結果にも安心せず、「将来、認知症にならないように」と、軽い運動や栄養バランスのよい食事など規則正しい生活を心がけている。古川さんは「生活習慣の乱れは認知症になるリスクを高めるので、規則正しい生活はとても良いことだ」と話す。(2012年4月26日 読売新聞)

アルツハイマー型認知症はアミロイドβとタウタンパク質の蓄積によって引き起こされる脳神経細胞の死滅が原因です。
現在、病院で行われている検査は

  • アミロイドβとタウタンパクを調べるもの→PET画像検査・髄液検査・血液検査
  • 症状により診断するもの→長谷川式知能評価スケールなどの問診
  • 脳の萎縮を調べるもの→MRI

というようなものです。

症状による診断と、脳の萎縮を確認する検査は早期発見には向きませんね。

「アミロイドβとタウタンパクを調べるもの」

PET検査


「PET」とは、陽電子放出断層撮影(Positron Emission Tomography)のことだそうだ。
よくわからん。
ポジトロンという放射線を出す物質を含んだ薬剤を患者に注射し、PET装置でその放射線を検出。
生体機能の体の中の働きを画像としてとらえる検査方法だそう。初期アルツハイマーの検査には、このPET画像でアミロイド蛋白の蓄積を描出する。
PET画像検査は感度は高いですが、非常に高価かつ一人一人の検査に時間がかかる。
そして放射線の被曝というデメリットがあります。
ただ1回のPET検査で受ける被ばく量(2.2mSv)、CTスキャン(6.6mSv)、東京からニューヨークの往復の飛行機移動で(0.19mSv)ですので、私だったら早期発見のメリットの方を選ぶかな…。
それよりもデメリットに感じるのはこの検査は、やや高額なようです。
自己負担3割で22500円、保険が適応されない場合は9~15万円位みたい……ん〜


髄液検査


髄液検査をするための「腰椎穿刺」とは、こういった検査です。
横向きに海老のようにまるまり、背中から注射で髄液を取ります。
授業中に臨床の先生が、「はい。じゃあ海老みたいに丸まってください。」って言ったら、海老ぞりになった患者さんもいましたよって言ってました。
エビ反り〜
脳脊髄液の検査は比較的安価ではありますが侵襲度が血液検査に比べて高い上、やはり一人一人に時間がかかる点がデメリットです。
読売新聞の記事の検査費用の一文は要確認という感じがします。ホントかな。病院に行ったときに雑談がてら聴いてみよっと♪
大切な神経がある所なので多少のリスクはありますね。
どんな病気でもそうですが信頼できる先生を見つけたいものです。


血液検査

認知症の血液検査で検索するとたどり着くのが下記の【MCBI】

検査の特徴・ポイント
簡単な血液検査1回10cc程度の採血による簡単な検査です。大がかりな医療機器での検査は必要ありません。

早期発見に貢献自覚症状がない段階でも血液を調べることで、いち早くMCIの兆候を発見できます。早期発見することで、日常生活の中で予防することができます。

筑波大学発のベンチャー企業が開発MCIスクリーニング検査は、筑波大学准教授である内田和彦が代表を務める株式会社MCBIと、認知症研究の第一人者として知られる朝田隆教授(筑波大学教授)との共同開発の成果です。
7割以上の高い感度があり、スクリーニング検査としてとても効果的です。

自費診療本検査は、健康保険適用外ですので、自費診療です。

情報源: MCIスクリーニング検査とは|血液検査で認知症を早期発見|MCBI


とのこと。
さらに「また、アルツハイマー病の発症に関連する遺伝子を調べる「APOE遺伝子検査」も行っております。」とあり
検査実施医療機関にあった病院のサイトでの検査費用は、
MCIスクリーニング検査は21600円
APOE遺伝子検査は16200円
でした。

7割以上の高い感度とありますが、私には、この新しい検査の信頼性を読み解く知識がなく…及び腰
しかし、今後の展開が気になる検査です。
あら! 「科学雑誌Newton 2016年1月号に掲載」されたんですって!

発行元さんが倒産したのよね? タイムリー!
雑誌は存続できると良いですが…

安価で安全で短時間で可能な血液検査が健康診断などで使用出来るようになれば。
そして初期段階から効果のあるアルツハイマー病治療薬が開発されれば。
進め! 研究♪

スポンサーリンク