昨日は電話に出ない父・しげさんの様子を見に行きました。
結局、しげさんではなく電話の方がおかしかった(それもしげさんがやったことですが…)ので一安心。
その足で、前から行こうと思っていた「高齢者サポートセンター(地域包括センター)」に行ってきました。

高齢者サポートセンターとは、専門の資格を持つ保険士・社会福祉士・主任ケアマネージャーさんが健康や介護の相談にのってくれ、どんな支援が受けられるかをアドバイスしてくれる所です。
しげさんが迷子になって最初にかかった「もの忘れ外来」で、看護師さんから相談に行ってみることを勧められた所です。
一度、電話での相談は、したことがあります。
その時の様子がこちらです。

住所を頼りにGoogle先生の言う通りに歩きます。
しげさんの家から歩いて8分。
そこは、特別養護老人ホーム内にあるサポートセンターです。

なんの予約も無く来てしまったけど大丈夫かしら?

私「あの…。地域包括センターはこちらですか? 初めてお伺いしたのですが」
事務の方「そちらの椅子でお待ちください。担当のものが参ります。」
テキパキと案内してくれます。
たぶん、私のように「どうしていいのかわからない様子」を全身から漂わせている人に慣れているんでしょうね。
ありがたい。

しばらく待ちます。
スマホに登録してある、しげさんの住所や電話番号をメモ帳に書き出しておきます。

「こんにちは。お待たせしてしまってすいません。」
担当の女性の方です。
「まず、お名前をお伺いしてもいいですか?」
しげさんの名前と住所、私の名前を伝えます。
またしばらく待つと、
「以前に一度、お電話でご相談いただいてるんですね」

きちんと記録が残ってるんだなぁ。突然電話したあの時のことが、きちんと記録されているとは! ちょっと感動します。
そこから色々と質問をされ、こちらの状況や困っていることを引き出してくれます。

・ しばらく音信不通だった父がある日、外出先から帰れなくなった
・ 父は生活保護を受給しながら一人暮らしをしていること
・ 足が弱ってしまいとても小刻みにしか歩行ができないこと
・ 今日は電話に出ないので心配で様子をみにきた

などのことを伝えます。
すると、こちらの状況も尋ねてくれます。

・ しげさんのには子供が2人いて、私は次女なこと
・ 離婚した私の母(しげさんの元奥様)は協力は一切しないので戦力外なこと
・ 家族の住んでいる所

など。
「私の母は、父のことが今でも大嫌いなので…。」
というと、ハハハ〜って笑って「良くあることですよ〜」と言ってくれました。
ですよね♪
でも「同じ空気を吸うの嫌」で「死んでしまえばいい」とは、ずいぶん恨まれたもんです。
しげさんは「今でも愛してる」っていってるけどさ。

3月末に認知症外来に行くので、そのあとで要介護認定の申請を出すつもりなこと。
ただ、その間にまた迷子になったり、電話にでないなどで安否がわからなくなったりしたときに
すぐに対応できるかが不安なことなどを相談しました。

すると、
・ 先に申請を進めておいて「医師の意見書待ち」という形にすることもできる。
・ みまもりサービスとして「あんしん電話」というものがある。(←これは固定電話の回線が必要です)
・ 「ひとり暮らし高齢者登録連絡票」というものに登録しておくと民生委員さんが月に1回程度、訪問をしてくださる。
ということを説明してくださいました。

「この場で申請用紙を記入していただいても大丈夫ですよ」とも言ってくれたのですが生活保護の担当者さんとも連絡をとろうと思い、申請用紙・登録用紙・安心電話の案内、それから配食と買い物をしてくれるサービスの案内をいただいて帰ることにしました。

介護認定を見越して、先にサービスを利用するということもできるのですが、万が一対象外という結果になったときに自己負担になってしまうのでお勧めできないともおっしゃっていました。
なるほど〜。

それから、介護認定の面接の際は高齢者本人ができないことまで「できる」と答えてしまったりと頑張ってしまうことがあるので、今の状態をメモしておいて面接担当の方に漏れなく伝えるようにした方が良いとアドバイスをしてくれました。
たぶん、私の説明べたを見てのアドバイスだったはずです。
だって、何から話して良いやらさ…。

ひととおり困っていることを伝え、現状でできることを教えていただいたことで安心しました。
ほっとしたらなんだか涙が出そうになったので退散しました。
忙しさと、電話に出ないのを心配したりでなんとなく疲弊していたもんで涙腺崩壊です。

その夜、録画してあった「嘘の戦争」をみて号泣だったしな。
アラフォーの涙腺は壊れてるんです。

まずは「ひとり暮らし高齢者登録」をぜひ利用したいな。
いや待てよ。しげさんは嫌がるかしら? 聞いてみなくちゃな。
地域包括センター、相談に行って良かったな♪

スポンサーリンク