2015年度の介護ロボット普及のための補正予算・52億円

介護ロボット等導入支援特別事業(平成27年度補正予算)
「介護従事者の負担軽減に資する介護ロボット導入促進事業」における支援対象介護ロボットの例示について

【事業の概要】
介護従事者の介護負担の軽減を図る取組が推進されるよう、事業者負担が大きい介護ロボットの導入を特別に支援するため、一定額以上( 20 万円超)の介護ロボットを介護保険施設・事業所へ導入する費用を助成する。

【支援対象とする介護ロボット】
支援対象とする「介護ロボット」とは、次の1から3の全ての要件を満たす介護ロボットであること。

1. 目的要件
・日常生活支援における、ア)移乗介護、イ)移動支援、ウ)排泄支援、エ)見守り、オ)入浴支援のいずれかの場面において使用され、介護従事者の負担軽減効果のある介護ロボットであること。

2. 技術的要件
次のいずれかの要件を満たす介護ロボットであること。
・ロボット技術(※)を活用して、従来の機器ではできなかった優位性を発揮する介護ロボット
※ア)センサー等により外界や自己の状況を認識し、イ)これによって得られた情報を解析し、ウ)その結果に応じた動作を行う介護ロボット
・経済産業省が行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」において採択された介護ロボット。 (経済産業省ロボットポータルサイトにて例示されています。 http://robotcare.jp/ )

3. 市場的要件
・販売価格が公表されており、一般に購入できる状態にあること。

以上の要件を満たす介護ロボットについては下記ポータルサイトに例示しておりますので参考にしてください。尚、リストはあくまでも例示であってこれに限定されるものではありません。

公益財団法人テクノエイド協会ホームページ
経済産業省ロボットポータルサイト

介護ロボット。
ロボットというと、ドラえもんやベイマックスのような人型ロボットを思い浮かべてしまいます。
ベイマックスには、お世話されたいかも。 パラララララ♪

リンクの「経済産業省ロボットポータルサイト」を見ると、実際には人型ロボットという感じではないようです。
介護従事者の負担軽減のために開発の重点分野が8つ設けられております。この分野でのテクノロジーを「介護ロボット」としているんですね。

  • 移乗介助(装着型・非装着型)
  • 移動支援(屋外型・屋内型)
  • 排泄支援
  • 入浴支援
  • 見守り支援(介護施設型・在宅介護型)

どれも大変な作業。ロボットが代わってくれる、あるいはお手伝いをしてくれれば助かります。

移乗介助(装着型)にマッスルスーツという商品があります。
開発したのは、東京理科大の小林宏教授。人の筋肉の力を補強することで、作業を楽にする装着型の動作補助装置だそうです。身近で簡単に装着でき、比較的安価に設定されたマッスルスーツは、すでに高齢者の介護の現場や配送業者の倉庫での作業などで使用されており、2015年4月からは本格的な量産体制に入ったと報告されています。


「マッスルスーツ」とググッてみると実際に使っている方や講習などの写真がたくさん検索されます。この商品の技術にはもちろん感心しましたが、こんな風に人を移動させるのか! と、その現実に今さらながら驚きました。
しげさんは、時間はかかりますが自分で立って歩いて移動をすることができます。
そうですよね。動けなくなれば持ち上げて移動するんですね…。介護する方の腰、壊しそうだ。介護って大変…。
マッスルスーツ、ぜひ体験してみたいな。

このほかに移動支援型のリフトなども「介護ロボット」。見守りシステムも、「介護ロボット」になるそうです。
政府は、2015年度の補正予算に52億円の介護ロボット普及のための予算を組みました。

介護ロボットへの期待

自分や家族に介護が必要になったとき、介護ロボットを利用したいという人の数は7割を超えているそうで、大きな期待がかけられています。
しかし、普及が進んでいるとは言い難いのが現状だそうです。

2014年のものではありますが興味深いアンケートを見つけました♪
介護用ロボットに関するアンケート調査

このアンケートでは介護ロボットを利用した方の8割は「また利用したい・利用している」という解答です。
その理由では、最も多いのが「重労働となることでも楽に介助できる」で80.6%(886名)、次いで「看護・介護職の負担が減る」で67.2%(739名)、「人件費がかからない」24.9%(274名)などの順。
性別、年代別に関係なく、「重労働となることでも楽に介助できる」や「看護・介護職の負担が減る」と他の回答の組み合わせが多くなっています。

介護者の負担をあらためて考えさせられました。

  • 移乗介助(装着型・非装着型)
  • 移動支援(屋外型・屋内型)
  • 排泄支援
  • 入浴支援
  • 見守り支援(介護施設型・在宅介護型)

なるほど。
どれも、大変です。

私が介護してもらうことになってしまったら…
移乗・移動・排泄・入浴はロボットにお願いしたいな。
見守りかぁ。適当なあんばいでほっといてくれたらいいなあ。
でも徘徊とかしちゃったら迷惑か。

そのうち、ベイマックスできないかな。

スポンサーリンク