父・しげさんは今のところ病院に行ってくれる気配はない。

こちらから書いた手紙もスルーである。
病院に行く様子は無し。
「どうしたい?」の問いにも返事は無し。
うっすらと期待した手紙の返事も、もちろん無し。
エッセイの公募も興味を示さず…
ちぇっ!

生活保護の担当者さんからは、「気が変わって通院するようになったら連絡をください」と手紙が来ました。
こっちから手紙来ちゃったよ!

万策尽きたわ〜

仕事が忙しかったり、子供たちが大学や小学校に入学したりと他のことに意識が向いていたのが不幸中の幸いです。
他に意識が向かず、しげさんのことばかりになると、やっぱりイライラしてしまうんです。
「だって、ただ病院に行くだけじゃないのよ!」と口に出してしまいそうです。

今日は、小学校1年生の息子の遠足です。
いい天気でなにより。
一緒に登校する友達は「チョコレートが溶けないといいな」とニコニコしています。
かわいい♪

高校生の娘は毎日お弁当を持って行きます。
今日のお弁当は、ちょっと可愛いぞ♪
デザートにゼリーも付いてるよ♪
お弁当を作り終わり時間が余ったのでシャワーを浴びました。

長女は、大学のサークルの先輩がBBQに誘ってくれたそうで嬉しそうに出かけて行きました。
ちょっとメイクもしてたな♪

みんなワクワクと出かけて行きました。
いい天気だもんね。

こうして子供たちがニコニコと出かけて行く。
外はいい天気。

それだけでなんとなく心穏やかです。
単純だな。そんなもんかもな。

ちびっ子の登校を見守りがてら、長女の先輩への差し入れのお菓子を買いにコンビニへ行きました。
いい天気の中、自転車をこぎながら自分の穏やかな気分を満喫します。

息子のワクワク + 長女のワクワク + いい天気 = 「穏やか〜」な気分 > うまくいかないことや、心配事の「ぷんすか!」
なのかな?

じゃあ、普段はこうなのかな?

いや、ちがうな。

ホントは、どっちも同じくらい存在してるけど、私がどっちかにフォーカスしちゃってるのかもな…
いや! でも今日は穏やか要素が「ぷんすか!」を相殺してくれてるような…。

このどうでもいいことに時間を使えるってことが、まさに心穏やかってことだな。
子供たちに感謝しつつ、仕事しよっと♪

スポンサーリンク