『認知症になった私が伝えたいこと』の著者、佐藤雅彦さんは、51歳のときに若年性認知症と診断されてから10年以上、ひとり暮らしを続けている。
そして、認知症になったからといってすべての能力を奪われるのではないということを発信し続けている。

その佐藤さんが自身の体験から、認知症の症状を進めないようにするために大切だと思う点が次の10項目です。

  • できることは、自分で進んでやる。
  • 外に積極的に出て、活動する。
  • 何事も、やる前から無理だと諦めず、まずは始める。
  • ストレスがたまることは、すぐやめる。
  • 何事にも関心をもつ。
  • 十分な睡眠をとり、規則的な生活を送る。
  • (まわりの人は)「あれもだめ」「これもだめ」と過保護にしない。
  • 美しいものを見たり、楽しいことをしたりして、気晴らしをする。
  • 生かされていることに感謝する。
  • 役割を持って、充実した人生を送る。

それからもうひとつ、これから認知症になるかもしれないすべての人へ、認知症と診断されたらやっておいた方がいいと思うことも挙げられています。

  • 将来、どこに住みたいか、どんな暮らしをしたいかをまとめておく。
  • 自分史を書いておく。
  • 財産目録を作成しておく。
  • 生命保険の書類をまとめておく。
  • 家の登記簿をまとめておく。
  • 遺言書を作成しておく。
  • 終末期医療の治療の希望をまとめておく。
  • 自分が死亡した時の連絡先をまとめておく。
  • パソコンやタブレット端末の操作を覚える。
  • 不必要なものは早めに捨てて、シンプルな生活を心がける。

特別なことは挙げられていませんが、あらためてリストアップしてくれるとストンと来ました。
「認知症の症状を進めないようにするために大切だと思う点」は、父・しげさんに是非教えたいな。
いや、「認知症と診断されたらやっておいた方がいいと思うこと」の方が、切実にやってほしいかも!

どちらも大切なことですね。
前向きに、出来ることをする。

「認知症と診断されたらやっておいた方がいいと思うこと」は、認知症になる・ならないに関わらず、やっておいた方が良さそうだな。
42歳の私、日々加齢のスピードを実感しています。
子供たちの成長も。

大切な書類が雑多になったままで急に何かが起こらないとも限らないしな…。
整理しておこっと♪

ちなみに私は今のところ延命治療は「してほしくない派」です。
「実際にいざ、その年齢になったら変わるわよ」と年上の知り合いに言われたこともありますが。
気が変わったら変更すればいいのさ♪

佐藤さんは、ひとり暮らしを続け、外出することも諦めずに、すすんで出かけます。
公演活動を続ける中で様々な反応があったと言います。
多くは、大勢の人たちと出会え良い面が多いそうですが、良いことばかりではないと言います。

あるとき、知らない人から「売名行為はやめなさい」と言われ、とても傷つきます。
また、前向きなことを話すと、「困ったことや問題点はないか」と問いつめられるように聞かれたり「認知症らしくない」と言われたりすることもあると。
「あなたは認知症ではないのでは?」「本当にアルツハイマー型認知症?」と疑われたことも何度もあったそうです。

不安になった佐藤さんは、主治医の他にあらためて2人の専門医を訪ね、自分が「アルツハイマー型認知症」かどうかを診断してもらったそうです。
そして、たしかにアルツハイマー型認知症であると診断されて、むしろほっとしたような奇妙な思いをしたそうです。

「売名行為は止めなさい」「認知症らしくない」という発言の裏側にはどんな思いがあるのだろう…
その人たちも追いつめられ疲れていたのかもしれない。しかしゲスな発言だな。ぷんぷん

何か病気が見つかると同じ症状の体験談を探すことってあります。
そして、後に起こるであろうことを予想したいというような。
あまり意味のない行動とは知りつつ…

そこで、何とか病気の進行を押さえられている人の体験を見つけたとき、
参考にしたり励みに出来る人。
やっかむ人。
とあるのかもしれない。

追いつめられたときや落ち込んだ時に、前向きに努力することって難しいもんな…

しげさんは、
将来、どこに住みたいか、どんな暮らしをしたいか…
今のアパートでひとり暮らしを続けたいのかな。

しげさんの自分史…
書いてもらったら、フィクションになるはず。 創作癖、あるのよね〜
万引きでしばらく拘置所にいたときも「看守さんに一目置かれる存在で、出所時は、みんな並んで挨拶してくれた」って…高倉健かよ!

財産目録を作成しておく。
財産ないから大丈夫だな♪ 借金とかは無くなったのかな。確認しづらいけど大切なことだ。…いや、でも聞きづらいな。

生命保険の書類をまとめておく。
保険、入って無さそうだけど。要確認だな。

家の登記簿をまとめておく。
なし。

遺言書を作成しておく。
終末期医療の治療の希望をまとめておく。

私は、遺言書を作成しておきたい派なんだけど、しげさんはどうかしら? 今度聞いてみよっと。

自分が死亡した時の連絡先をまとめておく。
しげさんの携帯電話に登録されているのは、私と姉の連絡先のみ。
3人兄弟の内、2人は亡くなってしまっている。
しげさんって孤独だな…

パソコンやタブレット端末の操作を覚える。
覚えて欲しい〜

不必要なものは早めに捨てて、シンプルな生活を心がける。
物は少ないんです。逆に心配になるくらい。
実は、押し入れにガラクタが沢山入ってたりして…なんてな♪

もっとたくさん会って、色々な話をした方が良いんだろうな。
電話ばかりでゴメンよ、しげさん〜
時間が欲しいぞ!

スポンサーリンク