「高齢者いつから」中高年のアイドルきみまろさんの考え

定年退職後も働いたり、趣味を楽しんだりする元気な高齢者の姿が当たり前になりました。65歳以上とされる高齢者の定義を75歳以上にすべきだという提言もあります。いつから高齢者になりますか? 中高年のアイドルで、漫談家の綾小路きみまろさん(66)に聞いてみました。

高齢者「75歳から」学会提言 65歳以上「准高齢者」

――高齢者の定義を「75歳以上」に引き上げることについて、どう思いますか。

昔は60歳で「ご隠居様」と呼ばれ、のんびりと縁側で孫をだっこして、ひなたぼっこをする。こうした子ども時代のふるさとの光景からすると、世の中は急変しました。栄養状態が良くなり、医療も進歩して長生きするようになりました。だから75歳を隠居として、65歳はもっと頑張れ、働けということでしょう。
 お年寄りが多くて若い人がいないのは、誰でも分かっている。国もはっきりとは言わないけれど、じわじわと攻めていかないと支えきれない。私は当事者世代ですが、定義の引き上げに賛成です。 

――65歳から74歳は「准高齢者」と位置づけました。

元気で見た目が若く、高齢者とは言えないから「准」としたわけでしょう。「高齢者予備軍」「高齢者実習生」という呼び名も思いつきましたが、あえて高齢者という言葉を使わずひとくくりに「中高年」でいい気がします。
 この世代はおしゃれになり、健康に気を使う。化粧やエステ、健康食品も時間とお金があるシニア層がターゲットです。きれいになった町並みに合わせるかのように、シャキッとしている。色々な考え方もあって、「ゆっくりしたいな」と思う人の気持ちも分かります。私もそうだったし、65歳を過ぎたら辞めてもいいかなと思っていました。

――辞めませんでしたね。

周りがみんな元気だから、ぼーっとしていられない。タモリさん(71)、ビートたけしさん(70)、小倉智昭さん(69)と、目標にしている同世代の人が頑張っていると、こちらが辞めるわけにはいきません。年上の人が頑張っていると、俺もあの人の年齢まで頑張ろうと刺激を受ける。皆、そうだと思いますよ。

――サラリーマンには定年退職がつきものです。

活躍の場からはじき出されるんでしょう。足は動かないが口は達者。一つはじかれて、もっと年を取るとさらにはじかれる。見えない差別みたいなもの。「頑張るぞ、若い者には負けないぞ」と気力がある中高年がいれば、もういいやと諦める人がいる。個人差があり、性格の問題もあるでしょうね。今回の提言は元気な人に合わせている。

――老いを感じることはありますか?

公演をずっと録音していますが、4~5年前は声も若いし、歯切れやピッチもいい。今はスピードが落ち、体力も落ちていると分かります。でも、ブレークした52歳も、現在も、そして70歳になってもお客さんには元気な姿しか頭にない。ポスターには「『年を取った』綾小路きみまろ」とは書いていないですから。しゃべることで世に出た私は、いつまでできるかな、最後は滑舌やろれつが回らなくなるのかな、と思いながら毎日やっているわけですよ。

――若さを保つ秘訣(ひけつ)は?

肌にクリームやオイルを塗っています。これが本当の「オイル(老いる)マッサージ」。55歳からはジョギングも始めました。泉ピン子さんからは「もうかりだしたから、長生きしようと思って走り出したんでしょう」と言われて。本当のことだったから、ドキッとしました。

――中高年の夫婦の日常をネタにした「あれから40年!」という毒舌漫談がありますね。

25~30歳で結婚した人が70歳くらいになり、退職して夫婦2人の生活になる。その世代だったら、私のショーに来て楽しんでくれると想定しました。死ぬほど好きだった人が、死ぬほど嫌になる。この差が面白いんです。ラブラブからデブデブに。当たったというか、共鳴されましたね。

――毒舌でも「頑張っていただきたいの!」と観客にエールを送っています。

中高年の悪口を言っているんじゃないよ、今日という日は二度とないんだから元気で幸せに暮らして下さい、というメッセージです。同じ時代に青春、バブルを迎えて、年を取り、入退院を繰り返して、そして火葬場で焼かれる。それまでお客さんに命の尊さを伝えたい。頑張ろうねと。元気で長生きして、2020年の東京五輪が終わった頃、ころっと死ぬ。これが本当の「ご臨終」です。(聞き手・及川綾子、松川希実) 

情報源: 「高齢者いつから」中高年のアイドルきみまろさんの考え:朝日新聞デジタル

こんな中高年になりたい!

タモさんも、タモリクラブで「中年になるとダジャレが言いたくなる」って言ってました。
「言ったことを忘れ 言おうとしたことまで忘れました」
なんて言ってますが、こんな風にサラサラとテンポよく話す事を職業としていれば脳への血流も増えて認知症にはなりにくそうです。
あれから40年! 聴きたくなってきた♪
毒蝮のまむちゃんといい、きみまろさんといい、高齢者には愛ある「いじり」が響くんですね〜
「きったねぇババアだな、よく来たね」(←まむちゃん)とか言われたいかも♪
「ボケは防げます。4人に一人がボケるんです ですから、3人で行動することです」きみまろさん最高〜♪

スポンサーリンク