脳内の老廃物蓄積を抑制する物質が判明 アルツハイマー病の新規治療薬開発へ

2017年4月4日
国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:小川久雄、略称:国循)研究所再生医療部の齊藤聡流動研究員と病院脳神経内科の猪原匡史部長らの研究チームは、アルツハイマー病を発症する老廃物「アミロイドβ(以下Aβ)」の脳血管への蓄積を抑制する物質を突き止めました。
本研究成果は、英国の専門誌「Acta Neuropathologica Communications」に平成29年4月4日(日本時間)に掲載されました。

日本人の認知症の大半を占めるアルツハイマー病は、長らく原因不明とされてきましたが、最近の研究でAβの脳血管への蓄積(脳アミロイド血管症)が一因であることが明らかになりました。
しかし、これまでのアルツハイマー病研究は神経細胞の病態研究が中心であり、脳アミロイド血管症に焦点を当てた治療開発研究は十分になされていませんでした。

齊藤流動研究員らのチームは、Aβが蓄積してできる「Aβオリゴマー(毒性をもつ立体構造)」が初期の脳アミロイド血管症の主因であると仮定し、アミロイド凝集抑制作用を有する物質「タキシフォリン」を脳アミロイド血管症モデルマウスに投与して、タキシフォリン非投与のモデルマウスおよび正常マウスと比較しました(図)。

その結果、タキシフォリン群において脳内のAβオリゴマー量は大幅に減少し、脳血流量や認知機能も正常に近い状態まで回復することが明らかになりました。

タキシフォリンにより脳内Aβが減少しただけでなく認知機能障害も回復させられることが明らかになったため、アルツハイマー病の有効な治療薬候補となると考えられます。
今後は認知症新規治療薬としてヒトへの効果を確認するため、2017年度中の治験開始と2025年中の臨床応用を目指します。
※本研究は、文部科学省科学研究費助成事業(基盤研究B)等によって行われました。
※本研究は国立循環器病研究センターのほか、京都大学、(公財)先端医療振興財団臨床研究情報センター等との共同で行われました。

情報源: 脳内の老廃物蓄積を抑制する物質が判明 アルツハイマー病の新規治療薬開発へ | プレスリリース | 広報活動 | 国立循環器病研究センター

タキシフォリン=ジヒドロケルセチン。シベリアカラマツエキスといってサプリにもなっているんだって。

マウスでの実験とはいえ、アミロイドの蓄積を抑制するだけではなく、脳血流量の増加や認知機能の回復! なんだか治験の結果に期待が高まります♪

この「タキシフォリン」、私は初耳だったのでググりました。

タキシフォリン=「ジヒドロケルセチン」は、多くの植物に含まれるフラボノイドの一種で、強い抗酸化作用があるそうです。
シベリアカラマツエキスに多く含まれる成分で、サプリとしても数多く売り出されています。

「シベリアカラマツ」という名前のとおり、ロシアの北緯50~70度の地域に広がる広大なタイガを形成する針葉樹。
その昔、シベリア東部のヤクート人を中心とする多くの先住民族は、数百年も前から樹皮の下の形成層を削ってミルクで煮出し飲んでいました。
1960年代にロシアの研究者はその点に着目し、シベリアカラマツの形成層や木部に天然フラボノイド系ポリフェノールを発見。
シベリアカラマツエキスが活性酸素を抑制し、抗酸化力に優れている事を見出したとのこと。
ロシアでは臨床も行われており、医薬品としても認められているそうです。

なんだかすごいな…。
サプリ、買ってみようかな。

しかし、どうして先住民族は木の幹なんかをミルクで煮出したんだろう…。
この先住民族・ヤクート人の住むシベリアのサハ共和国は、定住地における「世界で一番寒い村・オイミャコン」 がある国。
オイミャコンの冬の平均気温は常に氷点下50度以下で、-71.2度という世界最低気温のギネス記録にも認定されているとのこと。
当然、大地は永久凍土であり、植物にとっても過酷な環境です。
そこに生息するシベリアカラマツ、そんな所でも生きて行けるって何か特別な機構があるんでしょうか?

オイミャコン、すごい所だわ! 
世界一寒い村のオイミャコンあるあるがあり得ない!
と、まとめサイトまでできてる!
えへへ♪ ネットサーフィンが脱線。
あんまりびっくりしたもんだからさ。

抗酸化物質には、体内で生じた活性酸素から生体を防御してくれる働きがあるそうです。
人が生きていくうえで酸素を利用しようとすると、どうしても活性酸素が生じます。
そして活性酸素が過剰に増えてしまうことにより、さまざまな疾病を引き起こすと考えられています。
活性酸素によるDNA損傷が癌につながるという説も有力ですね。

「生きていたら人は酸化していく → DNAやタンパク質の損傷 → 癌や認知症や血管障害といった疾患」と端的に見ると、病気と老化の境界線がぼやけてきました。
しげさんは、病気なのかな? 老化かな?

シベリアカラマツエキス、ポチってみようかな♪

2025年中の臨床応用、期待しています!!

スポンサーリンク