アルツハイマー治療薬を使って歯を自然再生、英研究者が成功

2017年1月12日(木)15時30分
現在の虫歯治療では、ドリルで削った象牙質の部分にセメントなどの人工物を詰めている。
そうした詰め物の代わりに、アルツハイマー治療薬を使い、象牙質を自然に再生させることに成功したと、英ロンドン大学キングス・カレッジの研究者らが発表し、英学術誌『ネイチャー』が論文を掲載した。

アルツハイマー治療薬の「副作用」に着目

マウスを使った実験に成功したのは、同カレッジのポール・シャープ教授が率いる研究チーム。
歯の中には象牙質に囲まれた歯髄(神経と血管)と呼ばれる軟組織があり、歯髄に含まれる幹細胞は象牙質を再生させる能力を持つ。ただし、同大学のリリース文によると、詰め物にセメントなどを使う場合、人工物が分解されることなく歯の中にとどまるため、自然な象牙質の再生を阻害するという。

シャープ教授らは、現在臨床試験中のアルツハイマー治療薬「タイドグルーシブ(Tideglusib)」に注目。
この薬には、アルツハイマー病の原因となるグリコーゲン合成酵素キナーゼ-3(GSK -3)の活性化を抑制する作用があるが、歯に適用した場合、象牙質を修復する自然なプロセスを促進する作用も認められるという。 研究チームは、マウスの歯を一部削り、生分解性があるコラーゲンでできたスポンジにタイドグルーシブを少量含ませてその部分に詰めた。スポンジは時間とともに分解が進み、それに置き換わるように象牙質が再生していることが確認された。

実用化は?

ザ・ガーディアンがこの研究を取り上げた記事によると、研究チームは現在、マウスよりも約4倍大きな歯を持つラットでこの手法をテスト中。
これが成功すれば、年内にも初の臨床試験を実施する計画だという。
なお、この治療法が実用化されたとしても、やはり細菌に浸食された歯の部分を取り除く必要はあるため、ドリルで歯を削る工程は残る。シャープ教授はザ・ガーディアンの取材に対し、「残念ながら、ドリル(で歯を削ること)は今後も必要だろう。ドリルからは逃れられない」とコメントしている。

情報源: アルツハイマー治療薬を使って歯を自然再生、英研究者が成功 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

すごい!
まだマウスでの実験の結果ではありますが、自分の歯が再生するって素晴らしい♪

「ドリルからは逃れられない」のは残念ですが、あのドリルの怖さがあるので子供は歯磨きを頑張ってくれるのよね。
小さな虫歯を削ってもらいに行ったときの息子の逃げ回りっぷり…
…笑ってごめんよ、もとはと言えば、もっと母さんが気をつけてあげてれば良かったのよね。
すまん。

ただ、ドリルで削る範囲が小さくすませられる可能性はあるそう。
オゾン治療で殺菌をするそうです。
オゾンには触れた瞬間虫歯菌を一瞬にして殺菌する作用があり、この作用を利用してオゾンで虫歯の殺菌を行うというもの。すでに一般化している治療だそうです。
オゾンによって虫歯菌を殺菌すれば、歯がぼろぼろになって軟弱になってしまっている部分だけを削ることでドリルの利用を最小限におさえられるという記事が「歯のお悩み解決ナビ」にありました。

従来の詰め物をする治療と違い、
・ 削る範囲が少なくなり、伴う痛みも少なくなる。
・ 自分の歯が再生するので、詰め物が取れるというトラブルがない
・ 歯の寿命が延びる。美しさを保てる。
とも。

詰め物が取れる。困る…
ガリってなったときの、あの感じ。

この「タイドグルーシブ」は、現在「治験」が進められており、フェーズ2bの試験が終わった段階だそうです。

「治験」とは、厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のこと。
「薬の候補物質」は、最初に動物で効果や毒性についての試験(「非臨床試験」)を実施し、その効果と毒性の程度を確認してから、「治験」に進みます。

治験では下記の3つの段階(相(そう)またはフェーズと呼ばれます)があり、順番に各段階での安全性や有効性を確認しながら開発を進めます。
「治験」として実施した各試験の結果は、承認申請の際、厚生労働省に提出する資料になります。


【第1相(フェーズ1)】
少人数の健康成人で、ごく少量から少しずつ「薬の候補物質」の投与量を増やしていき、安全性について調べます。

【第2相(フェーズ2)】
「薬の候補物質」が効果を示すと予想される比較的少人数の患者さんで、有効性、安全性、使い方(投与量・投与方法など)を調べます。

【第3相(フェーズ3)】
多数の患者さんで、有効性、安全性、使い方を確認します。


画像:武田薬品サイトより

この中の【第2相(フェーズ2)】は、さらに「フェーズ2a」と「フェーズ2b」の2段階になっており、その「フェーズ2b」が終わった段階だそうです。

この薬の副作用で歯の象牙質が再生されるんですね〜
しげさんの歯は、虫歯ではなく抜けてしまっているので無理だわ。
いったい、どんな生活を送ってきたのやら…
歯って生活のレベルを反映する気がするな。
しげさんの歯…治療した方がよいのかしら? そこまで勧めるのはグイグイ行き過ぎかなぁ。
あれだけ恐縮されると消極的になっちゃうな。
そのうち、話してみよっと♪

副作用から出来上がった薬って意外とあるみたいです。

授業で先生から聞いたのは「バイアグラ」
心臓の血管を拡張させる作用があり、狭心症の薬として治験が進められました。
そこで副作用としてED回復の効果が発見されてできたのが「バイアグラ」だそう。
ちなみに当初の目的である心臓の冠動脈には思うように作用しませんでした。

育毛剤「リアップ」もそう。
ミノキシジルを血圧降下剤として治験が進められ、被験者の方に発毛の副作用があって発見されたそうです。

おもしろいな。
治験って機会があったら参加してみたいような気もする。

タイドグルーシブ、認知症にも効果が認められるといいな♪

スポンサーリンク