認知症の現実、途上国でも 世界の当事者撮った写真紹介

途上国を中心に世界の認知症の人たちの写真を撮り続けるアメリカ人がいる。写真家のリア・ビーチさん(26)。
適切な診断や医療が受けられない人たちの姿を伝え、認知症はグローバルな課題だと多くの人に気づいてほしいという。29日に閉幕した認知症国際会議で、活動を展示した。

リアさんは、米国デラウェア州出身。認知症になった曽祖母を亡くなるまで8年間、そばで見て、撮影したことがきっかけだ。「他の国や文化の中で、この病気はどうとらえられているのか」ということに関心を抱いた。

2011年から主に途上国の認知症の人たちを撮り始めた。
まず訪れたのはケニア。小さな村のクリニックでは、認知症の存在自体が知られておらず、驚いた。認知症になっても、適切な診断やケアを受けられない地域がたくさんあることも分かった。
「こうした現実を知らない人はきっと多い。色んな人に知ってもらいたい」との思いを強くした。

その後、南アフリカ、グアテマラを訪問。3カ国で漁のやり方を忘れた漁師や、家族から見捨てられ、施設で暮らす人を撮った。

作品は約150点に。「グローバル・ディメンシア(認知症)・プロジェクト」と名付け、偏見をなくし、診断やケアを受けられる人が増えることを目指す。今後も、各地の国際会議で写真を紹介する予定だ。

「プロジェクトはまだ始まったばかり」とリアさん。近くインドネシアやインドに向かう。

リアさんのホームページ http://www.leahbeach.com/global-dementia-project で写真が見られる。(北村有樹子)

情報源: 認知症の現実、途上国でも 世界の当事者撮った写真紹介:朝日新聞デジタル

認知症の存在をしらなかったというケニアのクリニックでは、いったい認知症をどんな病気だと思っていたのだろう?
認知症という病気の存在を知らずに、家族が認知症になったら…。恐ろしいだろうな。

リアさんのサイトでケニアの写真を見ました。

翻訳後の日本語がおかしく、きちんと理解することができませんでしたが英国人女性の保健医療従事者の支援を受けるようになり「認知症」を理解しつつあるようです。
それ以前には迷子になるのを恐れて部屋の中でほとんどを過ごしていたようです。
そのせいなのか、もともと貧しいからなのかわかりませんが、写真に映っている老人たちはとても手足が細い。

学校のリハビリテーション医学の教科書にのっていた廃用症候群の写真を思い出しました。
その写真は長く寝たきりだった患者さんの足なのですが、目を見張るほどに骨と皮!
恐ろしいと思いました。
廃用症候群とは、病気やケガなどによっての長期の安静による二次的な障害です。
その症状は、筋肉の萎縮・関節の拘縮・骨粗鬆症をはじめ、循環障害・床ずれ・括約筋障害(失禁など)・心理的荒廃(意欲の低下やうつなど)と多岐にわたる。
臥床後数日で起こりはじめ、長く続けば回復が難しくなるというもの。

私が盲腸で入院した時も、たかが1週間ほどでしたが明らかに足の筋肉が落ち、足が細くなりました。
盲腸だからしばらく食べられないしな…
少しぐらい足が細くなるのは嬉しいような気もするが。
退院して家に帰ると娘に「足、ほそ!」って言われました。
こんなに短期間で筋肉って無くなっちゃうんだなって実感しました。
病院内を点滴をカラカラと引きずりながらウロウロ徘徊したんだけどな。

リハビリってやっぱり大切だと思うんです。
しげさんにも度々伝えているんですが、「散歩は毎日行っているから大丈夫」というお返事。

でもだんだん手も足も細くなっていってるようにおもうんだよな。
肉、分けてあげたいよ。

病気であることを正しく理解して適切な支援を受けることって大切です。
日本は充分ではないにしろ、支援があるというのに…
しげさんは何を拒否しているんだろうか。

ケニアの認知症のおじいさんの視線の暗さが頭の中に残ってしまった。
しげさんが、あんな目をするようになったらどうしたらいいんだろう。

写真って訴求力があるな。
以前の記事で触れた国際会議で展示されていたんですね。
見てみたかったな♪ リアさん、応援します♪

スポンサーリンク