認知症乗客、公共交通機関の8割が把握…対応マニュアルがあるのは6%

全国の公共交通機関の8割で職員や運転手が認知症とみられる乗客を見かけながら、対応マニュアルがあるのは6%にとどまっていることが、公益財団法人「交通エコロジー・モビリティ財団」の調査で分かった。

 同財団は9月にも、事業者向けのマニュアルを策定し、公表する方針だ。

 調査は、同法人が昨年8~11月、全国の鉄道、バス、タクシー会社381社を対象に実施し、190社から回答を得た。それによると、「駅構内をうろうろしていた」(鉄道会社)、「終点まで行き、降りないでいた」(バス会社)、「車内で失禁した」(タクシー会社)など8割の事業者が、認知症とみられる乗客に遭遇していた。

 しかし、認知症の人への対応マニュアルが「ある」とした事業者は6%。「今はないが、今後、作成の予定や考えがある」と回答したのも3割にとどまり、「作成予定はない」が6割に上った。従業員が認知症の人への対応を学ぶ機会も、「特に設けていない」が、7割以上に上った。

 同財団は「認知症を理解しないために、多くの事業者は困ったときには警察に連絡している。ただ、通報されると、家族は認知症の人の外出を制限してしまう恐れがある」と話す。

 同財団は昨年度、有識者でつくる検討会を設置。対策のあり方を議論してきた。検討会のメンバーで、仙台市内の会社にバスと電車で通勤しているという若年性認知症の丹野智文さん(43)は、「周囲の理解があれば、1人で出かけられる人は多くいる。対応法を学ぶ機会が広がってほしい」と話している。

情報源: 認知症乗客、公共交通機関の8割が把握…対応マニュアルがあるのは6% : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

「交通エコロジー・モビリティ財団」の調査」は、4月に公開されたようです。

■ いずれの交通機関においても、8割程度以上の事業者が何らかのお困りのお客様(認知症と思われる)場面・状況に遭遇している
(鉄道:79%=84/106、バス:93%=42/45、タクシー:82%=28/32)
【鉄道】
駅でのやり取りで様子がおかしかったお客様や、改札の通り方が分からず、まごつくお客様、駅構内をうろうろしているお客様、どこで降りるか分からず終点まで行くなど困っているお客様が比較的多くみられている。

【バス】
バス乗り場やバス停周辺をうろうろしているお客様、運賃支払いでまごつくお客様、敬老パスや現金を持たずに乗車するお客様、終点まで行ってしまい、車内にとどまっているお客様が比較的多くみられている。

【タクシー】
乗車後に行き先を告げられないお客様、目的地に近づいた時に詳細な道筋を告げられないお客様、車内で失禁してしまうお客様、現金を持っていないお客様が比較的多くみられている。

どれも、容易に想像できるな…。

しげさんのアパートは、駅からとても近い。
でも最近は電車に乗って出かけることをしていない。

生活保護の用事で生活支援課に行ったときの話。
以前は、電車と徒歩で行っていたが、足が弱ってしまった今は、止むを得ずタクシーを使うそう。
そして、自宅のすぐ前でタクシーを降りた瞬間に「あれ?!」となってしまうことがあると言っていた。

いつも通り慣れた、迷うはずのない道なのに、「あれ?! おかしいな」と。
そしてパニックになってしまうと。

なるほど。
これは出掛けるのを躊躇してしまいそうだな。

先日、しげさんは「電車に乗って靴を買いに出かけようと思っている」と話していた。

まだ行けてないみたいだな。
「面倒になっちゃうんだよね」と話していたが「面倒」の中には色々と含まれているんだろう。

このアンケートは、交通事業者の認知症者への対応状況等を把握し、マニュアルを作成することを目的としているそう。
確かにマニュアルはあった方が良いと思う。
でも、あくまでも最初の一歩であろう。

アンケートの「誰が対応したか」の項目を見ると、当然ではあるが
鉄道では、駅・ターミナル職員が多数。バスでは、運転手。タクシーでは、運転手。

タクシーは必然的にドライバーさんが対応することになるだろうが、バスや電車で認知症の患者さんが困っているところに遭遇したら、どうするかな。
駅では、駅員さんにお願いするだろうな。
バスだったら…運転手さんは運転してるしな。
悩むな。

時間に余裕があれば、お手伝いできる。
でも、だいたい電車やバスでの移動中って時間に追われてるような。
お手伝い、できるかな…
もし、ご家族の連絡先のわかる物を持っているようなら連絡をするだろうけど…。

これは、いかん!
正解が解らない!
反省しつつ、ググります。

やはり、まずは警察に連絡するのが良いようです。

これが、記事の中の「通報されると、家族は認知症の人の外出を制限してしまう恐れがある」につながるんだな…。
悩ましい。

桜美林大学老年学総合研究所の発表によると、認知症の疑いがある行方不明者の発見までの日数と生存率は、

当日発見:生存率82.5%
翌日発見:生存率63.8%
3~4日目発見:生存率21.4%
5日目以降発見:生存率0%

とのこと。
(2013年度中に行方不明者届が出された認知症が疑われる1万322人のうち、776人(死亡した388人含む)の家族に調査票を郵送したものです。返ってきたもののうち、全項目が記載されていた204人分を分析)

命に関わる。
「通報されると、家族は認知症の人の外出を制限してしまう恐れがある」につながるとしても死んでしまってはな。

しげさんが迷子になったときも、警察の方が連絡をくれました。
携帯電話に登録されていた電話番号を頼りに連絡をくれたと警察の方に聞きました。
ついでに、携帯電話に登録されていたのが私と姉、つまり娘2人だけだったことも聞きました。
…しげさん、孤独だよな。

マニュアル、あった方が良いよな。
でも…。
運転手さんや、職員の方の業務に含ませてしまうのは限界があるだろう。

社会全体に理解が進むことが大切だよな。
私は勉強不足だ。
認知症サポーター養成講座も受けたんだけどな…
勉強しよっと。

《知恵袋で見かけたベストアンサーに選ばれた回答》

今までに数回ですが、認知症の方を保護したことがあります

目安として、高齢者が出歩くには不自然な時間帯でした
昼間なら、声をかけなかったでしょうけど
深夜でしたので
「こんばんは、どちらまで行かれますか」とか
「よろしければ、お送りしましょうか」と声を掛けました

一人の方は、家までの道が解らないと言われたので
パトカーを呼びました

一人の方は、明らかに認知症
「これから○○さんのお見舞いに行く」とのお話でしたが
午後11時を過ぎていましたので、こちらもパトカーを呼びました

いずれの方も一人暮らし
家族が同居していないので、誰も探してくれないんです
二人目の方は、警察にお願いした時
「この人を保護するのは、今夜だけで3回目」と聞き驚きました

声をかけて、普通の返事が返ってこれば
「気をつけてくださいね」と見送れば良いのです
徘徊を疑われたら、警察に電話すれば保護してもらえます

まずは声を掛ける勇気を持つことが
大切だと思いますね

なるほど!
私もきちんと対応できるようにしておかなくっちゃ♪

スポンサーリンク