9割が下流老人予備軍に 今後は親子共倒れなど負の連鎖に

長年、生活困窮者の支援に携わるNPO法人ほっとプラスの代表理事、藤田孝典氏が昨年上梓した『下流老人』(朝日新書)は大きな話題となった。藤田氏は、今後は日本人の9割が下流老人予備軍になり、次々に負の連鎖が起きると警鐘を鳴らす。
「下流老人」という言葉は、生活保護レベルで暮らす高齢者を、あえて「下流」と呼ぶことで、社会に警鐘を鳴らすつもりで作りました。もし私たちがこれまでと変わらず、確実に相当数存在する下流老人から目を逸らし続ければ、日本人の9割が下流老人予備軍となります。
貧困者対策は待ったなしです。
収入が著しく少ない、十分な貯蓄がない、頼れる人間がいないという「3ない」が下流老人の共通項。そういった人たちを放置してしまうと、今後は次のような負の連鎖が起きるでしょう。

  • 【1】親世代と子供が共倒れ 身内が下流老人になれば、子供世代に相当な負担を強いることになり共倒れになる。
  • 【2】価値観の崩壊 高齢者のために若者世代が共倒れするようになれば、社会的役割を十分に果たしてきたお年寄りが「お荷物」となり、さらには障害者や生活能力が低い弱者に対する差別的意識が助長され、彼らの自立を阻害する要因になる。
  • 【3】若者世代の消費の低迷  高齢者が「下流」になっているのを見て、若者が老後のために「貯蓄」に走る。
  • 【4】少子化の加速  老後の不安は、家族を持つことを「リスク」と考える若者を生み、少子化が加速する。
  •  

ターニングポイントは団塊世代が75歳を迎えるまでの約10年間です。
彼らは貯蓄を切り崩しながら生活するわけですが、人口が多いその世代が一定の割合で下流老人になれば、その数ははかり知れません。さらに怖いのが団塊ジュニア世代で、彼らの4割が非正規雇用ですから、その世代は4割が下流老人予備軍です。


2016.02.02【PROFILE】1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事。聖学院大学人間福祉学部客員准教授。反貧困ネットワーク埼玉代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。ソーシャルワーカーとして現場で活動する傍ら、生活困窮者支援の在り方を問う。昨年発売された『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新書)がベストセラーに。※SAPIO2016年2月号

情報源: 9割が下流老人予備軍に 今後は親子共倒れなど負の連鎖に│NEWSポストセブン

こりゃぁ父だ! あらためて活字になると怖いわ…

私は中卒で働きはじめました。
家庭崩壊のベタなパターンでお恥ずかしいのですが、
父の経営していた会社が倒産→両親離婚(ドロドロのやつ)→借金から逃げまわる→帰る所が無い
と、ガラガラと生活が崩れ落ちて行った時期に高校進学が重なってしまい、「とにかく早く働いてお金を稼ぐ」ことで頭がいっぱいでした。
2年程前、必要があり高卒認定を取りましたが履歴書は中卒です。ハンデにならないと言ったら嘘ですね。
子供達にはきちんと勉強する機会を持ってほしい。
もっと言うと将来を夢見て、楽しみにしてほしい。
ちなみに来春からは長女が大学生になります♪ 幸せだわ。

今なら他にも色々な方法を思いついたでしょうが、まだ子供でしたので。
貧乏の恐怖に怯える毎日でした。
その後、父のしげさんとは「解散」し20年弱の消息不明の期間に。
何をしてたんだか…

それだというのに私も現在シングルマザーです。
やれやれ。
貧乏は怖い! 魂を蝕みます。
子供が産まれたときからいつも、
「なにがなんでも「貧困の悪循環」を断ち切ってやる」と強く思っていました。

そして、うっすらと「両親に何かがあった時は来るんだろな〜」って。
やっぱり来たよ
これも負の連鎖だろうよ


–貧困の悪循環は、貧しい家族は少なくとも3世代以上の貧困状態の罠に陥るという事で定義された。そういった家族には貧困脱出の助けとなる知的・社会的・文化資本をもつ祖先がいなくなっているため、貧困から脱出するのには長い時間がかかる。
このケースの家族は持ち合わせる資源が限られているか、まったくない。多くのディスアドバンテージがあるため循環プロセスに乗るのは困難であり、個人がこの悪循環を脱するのは事実上不可能である[2]。 これは、貧困層は貧困から脱出するための金融資本・教育・コネクションを持っていないために起こる。言い換えるならば、貧困にあえぐ人々はその貧困の結果によりディスアドバンテージが発生するため、貧困が更に貧困を引き起こす。これは貧しい人々は生涯に渡って貧しいままであろうということを意味している[1]。この循環は、簡単には変更できない行動・状況のパターンのこともそう呼ばれる[3]。
同じ問題が国家に対して起こる場合は、開発の罠[4]と呼ばれる[1]。
日本においては、所得移動の観点から全国調査データを用いた分析によると、現実に生じているのは 「貧困の連鎖」よりも「富裕の連鎖」とも言うべき現象だとの指摘もある[5]。教育水準と親の年収の関係も深く、2007年の東京大学の学生調査によると、東京大学生の親の年収950万円以上の割合は52.3%を占めている[6]。
Wikipediaより


父はもともと裕福な家庭で育ったそうです。
学歴だって早稲田大学を出たのだから立派です。
「貧困の連鎖」ではなく「富裕の連鎖」になれたかもしれんのになぁ
まあ、人生はいろいろです。
ろくでもない下流老人のしげさん、意外といいところもあるヤツですし。

父は間違いなく『下流老人』ですが「下流だけど、まあ悪くない」人間らしい生活を送ってもらいたい。
そして絶対に子供達の生活は死守!

こんな考えがグルグルと。
きっと良い方法があるはずですよね。

藤田孝典さんの『下流老人』(朝日新書)ポチりました。

スポンサーリンク