用具・用品[杖選び]

杖はどうやって選ぶ?〈1〉

父があんなに歩けなくなっているとは! ふるえもあり、「立ち上がる」「座る」などは何かに掴まりながら、ソーっと。もう、ソゥーーーーーーーっと。
立ち上がる時なんか、生まれたての子鹿だよ

半年ほど前に
「アパートの通路で派手にドーンと転んじゃってね。ご近所さんが出てきて恥ずかしいし申し訳ないしで、散歩に行くのも嫌になっちゃったんだよ…」
て言ってたんです。
その時に気付いてあげていれば。…あたしのバカヤロー!

歩けなくなったのが先なのか、気力の衰えというか所謂「鬱」っぽさが先なのか。
どちらも同時に来るのか。
答えは出ませんね。

でも歩かなければ明らかに筋肉は衰え、家から出なければ脳にも刺激がありません。

介護保険の認定には時間がかかるらしいので、杖だけでも先に買いたいな♪

と、さっそく検索です。

ん〜…どれが良いのやら

仕事やら色々の都合でじっくり調べる時間がとれないので、とりあえず「なるほど」と思ったご意見をメモです。


  • 多点杖=安定性が高いことが特徴。リハビリ/自宅内向き
  • ロフストランド杖=握力が十分にないときや、一本杖では歩行が困難な人向き
  • 1本杖=デザインにこだわる人にお薦め。杖職人が作る杖は多くがこのタイプ
  • 伸縮杖=そろそろ杖を使い始めようかな」という人にも適した杖。ただし、1本杖と比較して強度不足

  • 身長に合った杖を選ぶ【身長÷2+2㎝以上~4㎝未満】
  • 軽くて丈夫な杖を選ぶ
  • 握りやすいグリップを選ぶ

杖は、福祉用具貸与の対象です。
そのため要支援1以上の人は、1割負担でレンタルできます。
レンタルを希望する場合は、地域包括支援センターやケアマネージャーに相談しましょう。
ただし杖は、すべてが福祉用具貸与の対象というわけではありません。
購入前には、対象であるか否かを確認するようにしてください。
尚、杖の価格は3000円から3万円程度までさまざまです。


なるほど〜。
初めての杖の購入に、ネットでポチるは不向きなのかな。
いや、要介護認定までの間だけだし…
でも転んじゃったり使いづらくて嫌いになっちゃったら困るしな…

考えよっと

スポンサーリンク